ゲームのルール紹介

このサイトは、トランプ,タロット,ドミノなど、広い意味でのカードゲームを中心に紹介しています。

各ゲームのルールは下記からどうぞ。

目次

「ゲームのルール紹介」への18件のフィードバック

  1. 素敵なサイトをありがとうございます
    カシノのルールで、とった枚数の多い方には3点ではないでしょうか?

  2. ご指摘ありがとうございます。その通り、3点が正しく、2点は単純な間違いでした。ルールを修正しておきました。
    コメントの表示と返事が遅くなったこともお詫びします。

  3. 「グァンダン」のプレイ手順より先(得点のあたりから)が「闘地主」のそれになってます。



    ■ワイン名
    デントン シェッド シャルドネ 2015年 デントン・ヴュー・ヒル・ヴィンヤード
    ■英語表記
    Denton SHED Chardonnay 2015 Denton View Hill Vineyard
    ■商品番号
    1300002001838
    ■ワインについて
    オーストラリア産白ワイン愛好家、シャルドネファン大注目!年産僅か5400本!ヤラ・ヴァレー唯一無二のテロワールから造られる奇跡のシャルドネ!造り手は在日本オーストラリア大使館の設計を手掛けた、デントン・コーカー・マーシャルの世界的建築家であるジョン・デントン氏と、彼の息子サイモン氏!ヤラ・ヴァレーの中心地、ヤラ河の北岸の孤立した小高い丘に1996年に設立。ナチュラルな造りを第一に考え天然酵母の使用だけでなく、樽の使用を控えるなど、クリーン且つピュアな味わいを生み出しており、設立間もなく豪州で最も影響力のあるワイン評論家J.ハリデー氏が満点五ツ星ワイナリーに選出!いまオーストラリアで大注目のデントン・ヴュー・ヒル・ヴィンヤード!ヤラ川北岸に広がる丘陵地ヴュー・ヒルは3.7億万年前のデヴォン期に花崗岩の岩栓によって形成されたローワー・ヤラ・ヴァレーに位置する丘。砂岩やシルト土壌が主体の一般的なヤラ・ヴァレーの土壌とは異なり、ここだけが結晶化した石英を含む花崗岩質土壌という唯一無二のテロワールでアロマが高く、酸味の高い花崗岩由来のエネルギッシュなワインが生まれます。ハリデー氏も「ヤラ・ヴァレーで最も珍しい土壌であり、永続的に卓越したブドウが生まれる地」と絶賛!花崗岩土壌の上に灰色の砂質ローム質土壌が広がる最良畑。樹齢12年のシャルドネ100%をフレンチオーク樽で発酵(MLF100%)。フレンチオークの旧樽で6ヵ月熟成させた非常に綺麗なシャルドネ。グレープフルーツの風味を伴う際立ったミネラルの印象。口に含むとレモンやライム、グレープフルーツなどの柑橘果実と明るい酸、そしてやさしいクリーミーな味わい。J.ハリデー高評価!ブラインドテイスティングではオーストラリア産シャルドネと分からない非常にレベルの高い、いま大注目デントンのシャルドネが遂に限定で少量入荷!
    ■ワインのタイプ
    白ワイン
    ■ワインのテイスト
    辛口
    ■生産者
    デントン・ヴュー・ヒル・ヴィンヤード
    ■ブドウ収穫年
    2015年
    ■生産地
    オーストラリア/ヤラ・ヴァレー・ヴァレー
    ■内容量
    750ml
  1. ご指摘ありがとうございました。また、返事も対応も非常に遅れ、申しわけありませんでした。
    書きかけのままアップしてしまったようで、ご指摘通り途中から「闘地主」になっていました。
    調べ直して書き直し、入れ替えました。

  • アンビション(Ambition)の終了条件ですが、正確にはディール終了後誰かが4回ストライクをとったら、そのディールでゲーム終了になるようです。
    また4回ストライクを取ったプレイヤーを除き、最も累計点が高いプレイヤーの勝ちになるようです。
    現在の文面だとそのディールでストライクを取ったプレイヤーを除くような意味に感じてしまいます。

    1. 大変遅くなって申しわけありません。もうすぐ4年になるほど放置してしまいました。
      さきほど作者のサイトでルールを確認したところ、誰かが100点に達したら終了と、ルールを変えていました。
      もしかしたら、ご指摘のルールも作者による変更によるものだったかもしれません。
      今となっては分かりませんので、書いた時のルールの保存と、もうすこし早い対応が必要だったようです。ほんとうにすみません。
      ところで、作者は2004年3月に日本のニコリの雑誌で紹介されたと書いていました。そんなこともあったのですね。

  • ピノクルのメルドの説明の所、最後の方にラウンドハウスとあり、AとKとなっていますが、AとQですね。

    1. 確かトランプゲーム大全のピノクルのメルドのラウンドハウスにもKとQでなくてAとKと書いてあったような。

  • べジークと、ピノクル(Pinocle)の2人ゲームについて
    正解は無いのかもしれませんが…
    ピノクルのメルドについては、べジークと以下の点で違いをつけた方がいいのではないでしょいか?
    ・シーケンスの点 
    Bez…250 Pin…150
    ・4カードの組み方
    Bez…スート関係なし Pin…4つのスートでつくる
    ・ダブルピノクルの点
    Bez…500 Pin…300

    1. 大変遅くなり、申しわけありません。
      書かれたとおりだと思いますので、そのように訂正しました。
      ありがとうございました。

  • 争分(Zheng Fen ジョンフェン)
    http://gamefarm.jp/rule/zhengfen.html

    6)同位カード3枚のシークエンス
    誤:同位カード2枚ずつが~
    正:同位カード3枚ずつが~

    7)同位カード4枚のシークエンス
    誤:同位カード2枚ずつが~
    正:同位カード4枚ずつが~

  • ゴンジューのルールの注2に「さらにダイヤモンドJも取れば倍の+1000点になる」と書いていますが、クラブ10の間違いでは?

  • はじめまして。子供達と遊ぶためにこちらのサイトを利用させていただいていましたが、管理者の方の著書があることを知り購読させていただくことにしました。本日その本が届いたのですが、開いてみてビックリ。「トランプゲーム大全」すごいです!もう一生モノのつもりで大切に読ませていただきます。こちらのサイトと合わせてこれから沢山のゲームをプレイしていきたいと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です